越中稲荷神社

お化け灯篭

お化け灯篭これは、当神社参集殿正面入口付近に置かれており高さは1m位である。
当時、飛騨等から物資を神通川を使い舟で運ぶ際 運行の安全のために今でいう灯台のような役割を果たしていて6~7mあったと推定される。
昭和十一年(一九三六)に開催された「日満博」のとき、県庁近くの神通川沿いにあったものが当神社へ移設された。

↑このページのトップへ
由緒  神徳  祭事  宝物  歴史  境内  お知らせ  お問い合わせ  アクセスマップ
© 2009 農工通商の守護神 越中稲荷神社